住みたい家のイメージを考えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リノベーションをすると決めたら様々な方法でイメージを固めていきましょう。自分の好みをある程度決めておかないと、「あれもいい」「これもいい」となってしまい結果的に雰囲気がバラバラになってしまいます(それはそれで面白い気もしますが…)。
 なにはともあれ、とにかく施工事例の数をたくさん見ておきましょう。内覧会などがあれば、必ず行ってみて実際の空間をその目でみるようにしましょう。数多く見ていくうちに、自分の好みのイメージがきっと見つかるはずです。いろいろ考えていると楽しくなってくる事間違いなしです。

 私は、以下の方法でイメージを考えてました。

ハウス系雑誌を買って自分が好きだと思う写真などに印をつけておく

ハウス関係の本で代表的な雑誌を紹介しておきます。

  1. 「relife+(リライフプラス)」
    →リノベーションの事例が多いので優先的に見るようにしましょう!
  2. 「リフォーム会社を選ぶ本」
    →工務店の広告がメインですが「リフォームの成功や失敗」等の特集が豊富
  3. 「LIVES」
    →戸建ての事例が多いです。
  4. 「モダンリビング」
    →世界中のかっこいい住まいが載っています。

インテリアのコーディネートの本なども、非常参考になります。

それから、私自身インテリアについて初心者だったので、インテリアの本なども購入しました。

  1. 「誰にも聞けないインテリアのルール」
  2. 「インテリアの基本がわかる本」
  3. 「123人の家」byアクタス

リノベーションの設計事務所の事例から気になったものを探す。

ネットでリノベーションの事例を探すとたくさん出てきます。全部見るのはちょっと…と思う方は、以下のサイト優先的に見てみてはどうでしょうか。

  1. 「リノべりす」http://renoverisu.jp
    →団地リノベーションやマンションリノベーションなどにカテゴリが分かれており見やすいサイトです。
  2. 「HOUSY」https://housy.jp
    →カテゴリが細分化されており、キッチンだけリビングだけという風な見方が出来るので便利。
  3. 「nu リノベーション」http://n-u.jp
    →写真が大きく一番事例が見やすい。
  4. 「ブルースタジオ」http://www.bluestudio.jp
    →こちらもカテゴリーでも分かれているので好きな事例が見つけやすい。リノベーションで有名な会社です。
  5. 「アートアンドクラフト」http://www.a-crafts.co.jp
    →リノベーションを始める前の無料セミナーをやっているので一度行ってみるといいです。私も一度行きました。
  6. 「夏水組」http://www.natsumikumi.com
    →キュートでポップな事例が多く、女性向きの雰囲気が多いです。
  7. 「リボーンキューブ」http://www.reborn.cc
    →事例のひとつひとつにネーミングをつけている所が面白いです。私はこちらに依頼しました。
  8. 「リノべる。」http://www.renoveru.jp
    →少し事例がすくないですが、おしゃれな部屋が多いです。
  9. 「CRAFT」http://www.craftdesign.co.jp
    →リノベーションの中でも上質な空間の事例が多いです。

旅行などの予定があれば、泊まるホテルの内装はチェックしておきましょう。

 ホテルや旅館などは内装にも費用がかかっており、お洒落な壁紙やカーペットなど参考になる所が多いです。また、私は洋館の雰囲気が好きだったので、神戸の異人館や長崎のグラバー園に行った時に写真を多く撮っておきました(結局参考になったのかなってないのか微妙な所ですが…)。
 もし、近日中に旅行などの予定がありましたら近くにそういった建物がないか探しておくと、また違った楽しみ方ができるかなと思います。

モデルハウスや分譲住宅も、時間があればチェックしてみましょう。

 少しハードルがあがりますが、現在売られている新築の住居がどういったものか知っておくと知識が広がり良いと思います。新築の場合は特に最新の設備が入っているので、そういったものを中心に見ていくといいでしょう。IHコンロや浴室乾燥機などはリノベーションでも積極的に検討してみる価値はあると思います。

 私は、上記方法で自分のイメージを固めていきました。自分がどのような家に住みたいかがハッキリしてくると、そこから色々なイメージが膨らんでいきます。あなたの住みたい家をイメージできたら、次は間取りやインテリア考える時間があります。それはまたの機会に。

 それでは今回はこの辺で。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>