「リノベーション」と「リフォーム」の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あいまいな線引き

 「リノベーション」と「リフォーム」の違いについて少し書きたいと思います。 一般的なそれぞれのイメージとしては、 「リフォーム」は 新品、きれい、一般的、既製品 「リノベーション」は お洒落、都会的、先進的、かっこいい、造作品 という感じだと思います。 これについては、はっきりした線引きがないのであいまいな状態になっています。



「リフォーム」はすべてを新品にして、「リノベーション」はこだわりを重視する!

 それから、「リフォーム」と「リノベーション」は根本的な考え方に違いがあります。 「リフォーム」はすべてを既製品で新品で仕上げる、という考えで 「リノべーション」はそのまま使えるものや古いけど味のあるものを残しつつ、あなたのこだわりに重点を置く、という考え方の違いがあります。 そして、その辺りの考え方の違いが「リフォーム」は既製品が多く、「リノベーション」は造作品が多くなっていくような事になっていると思います。



施工業者を選ぶ時には、必ず施工事例を確認しよう!

 最近では、リノベーションの人気がでてきた事もあり、一般的な工務店ですらチラシに書いている文字を 「リフォーム」から「リノベーション」に書き換えたような感じもあります。 そのため、一般的な工務店が「リノベーション」という言葉を使うようになってしまったため、 本当に「リノベーション」を得意としている設計事務所や建築士、工務店さんがわかりにくくなっている状態です。 そのため、施工業者を選定する際は必ず、今までの施工事例を見せて頂き (施工事例がないような会社は選ぶのを避けましょう)、どんな工事を行ってきたのか? 価格帯はどれくらいか?自分が好きな雰囲気の事例があるか?などをよく吟味してから、施工業者を決めるようにしていく事が大切かと思います。


 それでは、今回はこの辺りで失礼します。 最後まで呼んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>