リノベーションを考える前に【その2】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そもそも「自分がリノベーションに向いているか?」をお話ししたいと思います。

リノベーションを考える人の3つのタイプ

 リノベーションを考える人をざっくりと分けると以下の3つのタイプに分かれると思います。

  • こだわりが強い。細かい作業が好き。=リノベーションが向いてるタイプ。
  • こだわりはそこまで強くないがおしゃれな部屋に住みたい。=全体的にリフォームで行い、部分的に造作を行う工事が向いてるタイプ。
  • 基本的に面倒くさい事はしたくない。こだわりも特になし。=一般的なリフォームが向いてるタイプ。

 私自身は「おしゃれで格好いい部屋に済みたい!」=「だからリノベーション!」という考えでした。しかし、この「おしゃれで格好いい部屋」は一般的なリフォーム業者でも出来たりします。実際に大手リフォーム業者のパナホームさんの施工事例に自分のイメージするような写真が載っていたりしました。つまり既製品でも設計次第でおしゃれに見えるという事です。

それでは、タイプ別に向き不向きを考えてみます。

リノベーションに向いているタイプ。

  • 全体的な雰囲気や間取り、またドアの取手から、トイレットペーパーホルダーまでとことんこだわる人。
  • 時間がかかっても納得したものがいいという人。
  • 小さい事からコツコツとリノベーションの内容を決めていく事が好きな人。
  • 考える事が好きな人。
  • インテリア等に興味がある人。
  • 自分の好みを具体的に伝えられる人、また好みが分かっている人。
  • 無垢のフローリングにこだわる人。
  • 部屋の色にもこだわる人。
  • こだわりのためなら多少予算のオーバーを考えられる人。

リノベーションでもリフォームでも、どちらでも向いているタイプ。

  • 全体的な雰囲気や間取りにはこだわるが、ドアや設備は既製品で納得できる人。
  • 設計者さんのセンスにお任せで納得できる人。
  • 部屋の壁は、塗装でも壁紙でもどちらでも良い人。
  • 無垢フローリングでも、複合フローリングでもどちらでも良い人。
  • あまり、打ち合わせの時間を取れない人。
  • 設備は、なるべく新品を使いたい人。

リフォームの方が向いているタイプ。

  • インテリア等に興味がなく、特にこだわりがない人。
  • 部屋が綺麗になれば、見た目は気にしない人。
  • 設備は全て新品にしてほしい人。
  • 無垢フローリングは考えていない人。
  • 絶対に、予算以内におさめたい人。

 だいたい、上記のようなタイプ別になると思います。しかし、自分がリノベーションに向いていないと思っていても、実際に打ち合わせが始まると興味が湧いてきて、自分で勉強したりする人もいるかと思います。
 また、「リノベーションでもリフォームでも、どちらでも向いているタイプ」は、本当にどちらでも大丈夫だと思います。あなた自身のお好きな方を選んでみてはどうでしょうか。

 今回もリノベーションの前の段階のお話をさせていただきました。

少しでもあなたのリノベーションの手助けになれば嬉しい限りです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>