伝わりやすい要望のまとめ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、リノベーションのイメージをまとめる際の、伝わりやすい要望のまとめ方をご紹介します。

全体的なイメージ

 この項目は、全体のイメージに関する要望をまとめます。「神戸の異人館のようなイメージ」「カラフルなイメージ」など。自分の中でイメージが矛盾することもありますが、あまり気にせずにいろんなイメージを考えてみた方が良いです。この項目で、設計者さん自分の好みを知ってもらう事が大事かと思います。

取り入れてもらいたい素材・設備

 この項目は、取り入れたい素材・設備をまとめます。「プロジェクターを設置したい」「ハンモックをつけたい」「無垢のフローリング」など。趣味などで収納が難しい物などがあればそれらも書いておくといいです(サーフボードや自転車等)。本やDVDがたくさんある方も何冊、何枚くらいあるのか数えておく方が良いです。本棚のサイズが小さいと入りきらずに困る事になりますので。

部屋ごとの要望

 最後に各部屋ごとの要望をまとめていきます。「トイレの壁は濃いブルー」「洗面所は造作」など。現在の段階で決まっている事をまとめていきましょう。あとから変更する事も可能なので、とりあえずひと部屋ごとに想像しながら考えていきます。

 なるべく各項目の要望を多く出しておきましょう。あまり要望がかけない方は、設計者さんと一緒に考えても良いかもしれません。ただし、その場合は時間がかかる事は覚悟しておきましょう。

 次回の記事に私が用意した要望書をそのままコピーしておきますので、よければ参考にしていただければ幸いです。

それでは今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>