リノベーションを考えたら一度は行っておくべき、ショールーム6つのメーカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回は行っておきたいショールーム6つのメーカーをご紹介します。ショールームは行くだけでも、楽しくなりますよね。新しい設備や機能などが実際に体験できますので、絶対にオススメです。
 また、私もここにご紹介するショールームに行きましたが、1件あたり半日くらいは時間をとっておきましょう。特に「LIXIL」や「Panasonic」は大きなショールームが多いので時間が結構かかりますので、多めに時間をとっておく方が良いです。

サンワカンパニー

 リノベーション雑誌などではよく使われている水回りがメインのメーカーです。私も、あまり聞き慣れないメーカーで不安でしたがデザインは非常にスッキリしており、好まれる方も多いと思います。私はこちらのメーカーの「グラッド45」というキッチンにしました。
 ショールームは東京、大阪、名古屋、福岡とありますが配送できない地域もあるため、事前に確認が必要です。

IKEA

 みなさんよくご存知のIKEAです。IKEAではキッチンなどの水回りも販売しており非常に安価でキッチンなど作れます。IKEAにいくとシンクやコンロなどの様々なパーツが打っており、組み合わせていく方法でキッチンが作れます。
 IKEAは東京、千葉、神奈川、宮城、埼玉、大阪、兵庫、福岡とありますのでお近くのお店に行ってみてはいかがでしょう。

TOYOキッチン

 TOYOキッチンは高級感のがあるメーカーです。キッチンというより洗練されたインテリアのキッチンというイメージで、従来のキッチンからはかなりゴージャスな感じです。
 3Dシンクという機能的なシンクを売りにしており、一度見てみると良いと思います。ショールームでは実際に使ってみる事が出来ます。ただし値段は高めの設定なので、キッチンに予算をかけられる人向けのメーカーです。
 全国に15店舗のショールームがありますので、お近くの所を選んで行ってみましょう。

LIXIL

 LIXILは5つのメーカーが合併して2011年に出来たメーカーです。そのため、住宅関連の全てをカバーおりショールームも大きな所が多いです。
 デザイン的には一般的なメーカーですが、その分値段も押さえられており予算不足になって場合に検討してみるといいかもしれません。
 全国に15店舗のショールームがありますので、お近くの所を選んで行ってみましょう。

Panasonic

 パナホームとして新築からリフォームまで家に関する事ならおまかせの総合メーカーです。家電はもちろん、住宅設備なども手広くやっており、Panasonicだけでも全ての設備が揃えられます。
 デザイン的にもかなり力を入れており、その分お値段が高いのがちょっと気になりますね。ショールームに行くと200万円とかのキッチンも見かけます。
 私が行ったのは、どんな最新設備があるかを見学するために行きました。タッチレスの水洗なども有りますので、その辺りを重点的に見学すれば良いと思います。なにしろ見るものが多くて全部見ていたら大変です。
 こちらも全国にショールームがありますのでお近くの所に行ってみましょう。

TOTO

 TOTOは主に水回りの設備をメインに扱っています。トイレはとても有名ですよね。他にキッチンや洗面台、お風呂などもあるので、一度見学に行ってみましょう。
 お風呂の床が柔らかくて冷たくなりにくい「ほっカラリ床」はぜひ体験してみましょう。転んでも衝撃を吸収しやすく、防音効果や断熱効果もあるみたいでなかなかいいですよ。 。
 ちなみに私はTOTOの「octave(オクターブ)」という洗面台を選びました。
 こちらも全国にショールームがありますのでお近くの所に行ってみましょう。

 今回はリノベーションを考えたら一度は行っておくべき、ショールーム6つのメーカーとして書かせて頂きました。
それでは今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>