リノベーションでメーカー品でもお洒落に見える洗面所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
洗面所アイキャッチ

今回は洗面所について書いていきたいと思います。洗面所はキッチンと同じく毎日使う場所なので、細かくこだわった場所です。

お洒落な洗面ボウルは掃除が大変なので既製品にしました

リノベーション洗面台

 はじめは雑誌にもよく載っている様な、洗面台を造作してお洒落な洗面ボウルを置く方法も考えました。しかし、夫婦揃って掃除があまり得意ではないので、既製品のTOTOのオクターブにしました。
 洗面台を造作する場合、確認しておく点は
・洗面ボウルが浅い物が多いが、水がどれくらい周囲にはねるか?
・洗面台は木製でも耐水性はどの程度あるのか?
・歯ブラシなどの小物はどこに置くか?
このあたりは、よく設計者さんと相談しておく方が良いです。
 実際に既製品を使ってみた感想としては、洗面ボウルが深く大きいので水はねも洗面ボウルの中で収まり、掃除が楽です。ほとんど水を流すだけで終わります。また、歯ブラシや化粧品などのごちゃごちゃした物も、ミラーの中に収納できるのでお客さんが来た時も見た目スッキリに見えます。こういったミラーを造作で作るとかなりの費用がかかります。
 あと木製にした場合の耐水性ですが、よく飲食店のトイレとかで木製の洗面台が使われていたりします。そういったお店で見てみるとやはり木がはがれています。もしご自宅で木製の洗面台を造作したい場合は、こまめに水を拭くようにしたほうが良いと思います。

ドライヤーの置き場所も一緒に考える

 ドライヤーはミラー収納に入りません。そのため、はじめからどこに置くかを決めておきます。私の場合は洗濯機の上に棚を置いたのでそこに置く事に決めました。その際には、コンセントも近くにある方が便利です。ほとんどの場合、洗濯機用のコンセントの一つが空いているのでそこの差せると思います。

洗濯かごはどこに置くか考える

 団地の場合洗面所のスペースがあまり広くなく、洗面台と洗濯機を置くと洗濯かごを置くスペースはほとんどありませんでした。そのため、普段はドラム洗濯機の上にワイヤーかごを置いています。
 洗面台を造作するなら、洗面台の下に置く事もできるのでそれでも良いと思います。その際には、洗濯かごの大きさを測っておいて、洗面台をそれにあわせて設計してもらうと良いです。

ドラム式洗濯機はふたの開く方向で決める

洗濯機の壁からの距離

 私の場合は設計段階でドラム洗濯機を購入したので、ふたが開く方向に合わせて洗濯機と洗面台の位置を逆にしました。出来る事なら、ふたを開いた時に壁側にふたが開く方が使いやすいです。また、ふたは全開にすると90度以上開くので、壁と洗濯機は9cm程度空けておいた方がいいです。

床はテラコッタ風のビニルタイルがあったかい

床タイル

 床は自分でカタログから探した、テラコッタ風のビニルタイルです(TOLIのロイヤルストーン)。もちろん、本物のテラコッタタイルでも良いと思います。ただし、お風呂の際に裸足で触れる部分でもあるので、ビニルタイルの方が冷たくないです。実際に施行してみて気に入っています。よかったら参考にして下さい。

 今回はリノベーションでメーカー品でもお洒落に見える洗面所といたしまして書かせて頂きました。
それでは今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>