リノベーションの成功、インプラス(内窓)もあり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
inplus-icatch

今回はリノベーションの成功、インプラス(内窓)もあり!について書いていきたいと思います。

団地のサッシは古くて、熱を伝えやすい

 団地の窓枠は取り替えられていない場合が多く、古いまま使っている所がほとんどです。
 そのため、サッシやガラスの断熱効果が最新の設備と比べるととても低く、窓際が寒く感じます。
 そこで、うちではリビングの2つの窓にインプラス(内窓)を取り付けました。

ガラスを交換するよりインプラスの方が断熱効果がある

 インプラスは、窓の所にもう1つ取り付ける内窓の事です。これを取り付けると窓の断熱効果を上げる事ができます。
 最初の設計では窓のガラスをペアガラスに交換する予定でした。しかし、ペアガラスにするよりもインプラスにした方が、断熱効果があると知ったので、インプラスを採用しました。なぜインプラスの方が断熱効果があるかといいますと、ペアガラスよりも多くの空気層が取れるからです。また、ペアガラスの場合サッシはそのままですが、インプラスのサッシは最新のサッシが付けられるのも断熱効果に影響しています。inplus01

ブラインドも使えるのでインテリアの選択肢が広がります

 窓際が暖かいとカーテンなどのインテリアも選択肢が広がります。ブラインドなどはカーテンに比べると断熱効果があまりありません。なので敬遠されがちですが、インプラスを取り付けるとブラインドでも寒いという事がなくなります。ブラインドを使いたい人にもおすすめのインプラスです。

もちろんデメリットもあります

 メリットばかり書きましたが、もちろんデメリットもあります。
・ペアガラスに交換する場合と比べて値段が高い
・窓枠を取り付けるので内側に約8cm必要
・窓を2回開ける、閉める必要がある
 値段はペアガラスに交換する場合と比べてサッシも必要になるので、どうしても値段が高くなってしまいます。そのサッシを窓の内側に取り付ける為、内側に約8cmが必要になります。窓が2つになるので、内窓を開けた後に外窓を開ける必要があります。これは慣れるとたいしたこともありませんが、頻繁に窓を開けたりする方は注意が必要です。inplus02

 今回はリノベーションの成功、インプラス(内窓)もあり!といたしまして書かせて頂きました。
それでは今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>